中高年エンジニアが職場で求められる指導力

若手のエンジニアは、上司の指示に従って仕事に従事する場合が多いです。与えられた仕事をきちんとこなせるかどうかが重要となります。
しかし仕事の経験を積み重ねベテランの域に達すると、今度は若手のエンジニアを指導することが多くなります。中高年からのエンジニア求人では、採用担当者から指導力もチェックされるため、注意が必要です。

開発現場で指導する立場となると、管理者の指導能力が強く問われることとなります。しかし人を管理する能力は、簡単には身につくものではありません。主に職場での仕事の実践において、経験から少しずつ身についていくスキルに該当します。

そこで、まだ若手のエンジニアの頃から、将来の仕事のために指導能力のスキルアップについて意識するのが大切です。職場の上司から与えられた指示についてよく考え、自身が管理する側に立った場合について想定するなど、普段からの意識がスキルアップには役立ちます。
さらに、部下の管理能力に不安があるなら、どのように指導力を発揮すべきか、改めて勉強する必要があります。ビジネス書などは、そのようなノウハウを学べる情報があります。

またビジネスマン向けのセミナーも開催されていて、部下への指導のためのテクニックを学べます。中高年のエンジニアとなると、開発に直接関わる技術だけでなく、職場でスタッフを上手く使いこなすためのスキルも求められます。指導能力が高いエンジニアになれたなら、待遇の良いエンジニア求人の案件も獲得しやすいと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です