タグ別アーカイブ: 若手

若手と交流できる中高年技術者が求人で重視

長年に渡り技術分野で働いてきたエンジニアは、高い技術力を持ちます。
そのため、若手エンジニアに比べて、重要な開発業務に携われます。しかし中高年となると、エンジニアにとって不利な部分もあります。長く技術開発の業界に身を置いていると、柔軟な思考に乏しくなります。
その点、若手のエンジニアは、自由な発想で新しいアイデアを出せる可能性を持ちます。時には、若手エンジニアが提案したアイデアが、技術開発のブレイクスルーをもたらすケースもあります。そのため、若手でも技術開発で活躍できる素質があります。

中高年のエンジニア求人では、本人の技術力と共に、若手のエンジニアとうまく仕事ができるかどうかも試されます。若手の実力を引き出し、人材を育成できる管理能力を持った人物は、ベテランの中高年エンジニアとして実力があります。技術力に強いこだわりがあるエンジニアは、どうしても頑固になりがちなデメリットを持ちます。そこで、若いエンジニアの存在も認めるよう心掛けると、エンジニア求人で評価が上がります。

高齢のエンジニアが、若い人たちと上手に交流するためには、それなりにスキルが求められます。日頃から、若い人たちと会話する心掛けが大切です。実際に話してみると、意外と実力派の若手エンジニアが育っているのが分かるでしょう。ベテランが自身のスタイルを固執するデメリットを克服できれば、成長の機会を得てさらにワンランク実力がアップします。